信州山遊びねっと

 

 

 

※改造などは御自身の責任において行って下さい。

テレマークスキーは踵が自由に上がって軽快に歩けると良く聞くが、3ピンの金具に皮のブーツでないと体感できないと思う。
プラスチックブーツが主流になり、ビンディングもハードワイヤーとなると、脹脛がパンパンになって長距離を歩くのが大変である。山スキーやスノーシューのように抵抗無く歩きたいが、それを解消させたのが7tmツアーである。
初期型を使った事があるが、構造的な不具合が多くて、オークションで売り飛ばした経緯がある。ロッテフェラーのコブラと組み合わせたら、雪が詰って踵が高くなったり、ストラップが切れる問題など、開放機能も装備してるので安全面も良さそうだ。

いつも使っているロッテフェラーのコブラと7tmツアーを組み合わせてみた。7tmツアーは新品のまま分解したので、使いやすいか判断できないが、シーズン終了までに結果が出るだろう。

佐渡山、根子岳、十国山で使ってみましたが、ラッセルや平地歩きは快適でした。支点が前にあるので、ちょっと不自然な感じもしますが、普通のテレマークの金具に比べて疲れないです。

開放機能は必要ないので、もっと軽量化されたシステムがあれば嬉しいです。誰か作って下さい。2005/2/8
 
金具を分解して切断しやすくしました。
余計な部分を切断しましたが、真ん中を切り落とすと剛性が落ちそうな気がします。
ロッテフェラーに取り付け用の穴を4個開けました。
このままだと動いてしまうので、2mmのステンレス鋼でバンドを作り、
位置を調節しながら仮止めして完全に固定させます。
外した部品を元通りに組み直して作業終了。
7tmツアーより20gほど軽くなりました。
スキー板に取り付けるのが面倒でパレットに取り付けましたが、歩く時は快適に踵が上がると思います。

検討時間 1日
作業時間 3時間30分×2

 

 
注意事項
サイトに記載してある内容で問題が発生しても管理者は一切の責任、補償、賠償を負いません。
Copyright(C)2002-2017 信州山遊びねっと  管理運営者:立木登美男 発信地:長野県上田市